本

「足にハチミツをかける犬の詩集」  2012.11.25.  角川文庫
力のぬけた犬のイラストと
ゆるく強くさりげなく心のツボを押してくれる言葉たち
たくさんの愛がちんまりと詰まった詩集

「自由さは人を自由にする つれづれノート22」   2012.9.25.  角川文庫
−私は時々、人生なんて簡単だな、と思う時と、   
人生って難しいな、って思う時があるー  
それでも今日は過ぎて行き、知らないうちに夜が明ける。  
目の前にはいつも新しい一日。

「生活」   2012.8.2.  幻冬舎文庫
雨の日、暑い日、寒い日、静かに歩きながら撮った写真と、詩。
それぞれの人生の一部を切り取った、写真詩集。
モデル:竹内寿(たけうちとし)

「ECTON×銀色夏生」
「私だったらこう考える」   2012.4.15.  幻冬舎文庫
人は大人になるにつれて、生きる上での価値観をお金や権力や美や若さから、
精神的なものへとスライドさせることができなければ、
生きていることがとてもつらいものになるのではないか。
質問に答え、今思うことを綴る。

「ECTON×銀色夏生」
「しゅるーんとした花影 つれづれノート21」   2012..3.25.  角川文庫
空が広い。  
胸がすくような広々とした空だ。

「ECTON×銀色夏生」
「衝動家族」せっせ&銀色夏生   2012.1.25.  角川文庫
もともとは兄による母の介護記録通信だったが、やがてとんでもない方向へ…。
「ばらとおむつ」シリーズ第4弾、完結編。