本



2018

「秘密の花園作り つれづれノー34」 2018.10.25 角川文庫 
「空へブーンと。 つれづれノート33」2018.4.25 角川文庫 
「まっすぐ前 そして遠くにあるもの」2018.2.10 幻冬舎文庫 


2017

「こういう旅はもう二度としないだろう」 2017.12.5 幻冬舎
ゆるゆるとした旅の本です。旅仲間がいないので、しょうがなくひとりでツアーに参加しました。
ベトナムのホイアン、ニュージーランドのワイタハ族を訪ねて、スリランカの仏教文化を巡る、インドのラダック 杏の咲く聖域、イタリアの花のドロミテハイキング。淡々とつづっています。
「ぷかぷか浮かびとこれから つれづれノート32」 2017.9.25 角川文庫
私の興味はプールへ移り、水の上にぷかぷか浮かぶ究極のリラックス法をあみだした。
4月以降は人生の流れもゆるやかに変化し、これからのことを考えた。
これからはより個性的に、我が道を進もうと決意する。
「心をまっさらに、さらし期 つれづれノート31」 2017.3.25 角川文 庫
私は今、ぺらっとした1枚のさらしのてぬぐい。清流で洗われて、どんどん過去の澱 が流されていく。
過去の出来事が、記憶が、色が、ぬけてぬけて、薄くなっていく。
今までそう思っていた、に囚われるのでなく、今、改めて、本当に思うことを思わな くては。


2016

「ひかりのいと 朗読のための自選詩集」 2016.10.31 角川書店
朗読のための自選詩集。
胸に迫る静けさと強さ。
著者本人の全朗読付き(ダウンロード版)。
「海外旅行熱、急上昇して急降下 つれづれノート30」 2016.9.25 角川文庫
長いこと行けなかった海外旅行。今年からは毎月行こう。いろんな国へ。いろんな方法で。
世界中のすべてを見て回ろう。そう決心し、ワクワク気分で行き始めました。
そして思ったことは…。
「土から芽がでて風がそよそよ つれづれノート29」 2016.3.25 角川 文庫
運動に集中していた半年が終わり、燃えつきてしまった。
また次の目標をさがさなくては。
私は今、変化に対応している時期。
つれづれノート29冊目。
「詩集 夏の森」 2016.1.25 角川文庫
「このまま空に落ちて行き 深く深く沈んだら  
失われたものが星として 暗い宇宙に輝くだろう」
銀色夏生がふとした瞬間を切り取った写真と詩は、
我々の本能に直接囁きかける。魂の自由を味わえる写真詩集。