文庫本

1994

「毎日はシャボン玉 つれづれノート③」
「毎日はシャボン玉 つれづれノート③」1994.7.25 角川文庫
最後の方の質問コーナー、今、読んだら笑った。
⑱「束ばくと愛情って違うと思いますか!?」「違うでしょう」の手書き文字の味に。
「流星の人」
「流星の人」1994.5.25 角川文庫
長い手紙のような文章と写真。
「流星の人よ、こんにちは。私はこれから、あなたにだけ、
わかる言葉で話します。」
「POST CARD Ⅱ」
「POST CARD Ⅱ」1994.1.25 角川文庫
こ、これは・・、す、すごい、アナログ。
赤ちゃんの時のカーカの写真などをハサミで切って貼ったという・・。

1993

「詩集 小さな手紙」
「詩集 小さな手紙」1993.8.25 角川文庫
「好きな人のことばやしぐさは 人から人へ伝わる
透明な小さな手紙のようなものだと思います」
「つれづれノート②」
「つれづれノート②」1993.6.25  角川文庫
「泡のようにわきあがり、木の葉のように流れゆく、日常の中の喜怒哀楽」
「外国風景」
「外国風景」1993.3.25 角川文庫
海外を旅行した時の写真と、その時々の感想です。
メキシコ、スペイン、インド、香港、イタリア、アラスカ、ハワイ・・。
「ナルシスナルくん」
「ナルシスナルくん」1993.1.25  角川文庫
ナルシストのナルくんとようせいくんの物語。
どうして私は、ふつうの恋愛を書かないのでしょう。不思議。
「でもなあ、どんなに不幸そうに見える現実でも、いったん身を投じてみると、
たいしたことないものさ。」

1992

「光の中の子どもたち」
「光の中の子どもたち」1992.11.10  角川文庫
これは私には貴重な一冊です。いろいろな子どもたちの写真と言葉。
沖縄の慶良間諸島の嘉比島に島の子どもたちと船で渡って、写真を撮ったり。
「ひとりではとても無理だったけど 知らないうちにふたりでクリアーしていたね」
「春の野原 満天の星の下」
「春の野原 満天の星の下」1992.4.25 角川文庫
写真詩集。主に北海道のすがすがしい景色、草花、空気など。
「その人を認めるということは
 その人の力を信じるということで
 その人の誇りをけがさないということだと思う」

1991

「四コママンガ」
「四コママンガ」1991.12.10 角川文庫
どんなに自由に、好きに本を作らせてもらっていたか、
心から感謝したい気持ちになるほどの落書きっぽさ。
「宵待歩行」
「宵待歩行」1991.10.30 角川文庫
詩集。いつになく大きな活字です。どうしたのでしょうか。
「もう一度
 深く息をすって
 その空の一点をよく見れば
 夏空が破綻するところが見えるだろう」
「Pin・u p」<花>
「Pin・u p」<花>1991.7.3 角川文庫
これもミシン目で切り離せる、今ではもう制作できないタイプの本です。
いろいろな花の写真。
「鳴く鳥、吹く風、かげる月、旅の途中でふりむけば、
 歩いたとおりの花模様」
「つれづれノート」
「つれづれノート」1991.6.25 角川文庫
日記形式のエッセイ、その第一弾。ここから始まったのですね。
「エッセイ風なものを書いてみました。日常生活の機微が伝わると思います。
 いざ書いてみると、三枚目ですが、実際は気むずかしくて風変わりなのです。」

1990

「こんなに長い幸福の不在」
「こんなに長い幸福の不在」1990.7.25 角川文庫
手描きのイラスト詩集。男の子。
「ちゃんと人の顔を見て そしてちゃんと目をそらす
 ちゃんとした僕たちの ちゃんとした失礼」
「思ってることを 言わなきゃいけない日が いつかは やっぱり来る」

 

単行本

「葉っぱ」(単行本)
「葉っぱ」(単行本)1994.7.3  幻冬舎
いろいろな色や形の葉っぱと詩。
「僕はもう心が痛みはしない。心はもう痛まないが、君を思い出す。
そして君を思うたびに痛まない心から涙がこぼれる。
なぜなのかわからない。涙がこぼれる。」
「冬の道」(単行本)
「冬の道」(単行本)1992.11.25 角川書店
北海道の冬景色を写した静かな写真集。
「明るい予兆 暗い瞳 美しく青ざめた額を 天につきつけ
 ふりあおぎ あるがままの自分を 認めつつ歩く 認めつつ歩く」
「宵待歩行」(愛蔵版)
「宵待歩行」(愛蔵版)1991.10.30 角川書店
愛蔵版の単行本。こういうのを作ってみたかったのでしょうね・・。
表紙は布張りで薄紙をかけて、箱入り。
「たくさんの それはさまざまな 長い 短い 一生がある
ほたるの命をおしむように 星の命に甘えたい」
「ONLY PLACE WE CAN CRY」(単行本)
「ONLY PLACE WE CAN CRY」(単行本)1991.1.25 角川書店
「月刊カドカワ」で連載していたものを含む、モノクロの写真と短い文章と詩。
ちょっとせつない、非常に好きな本です。
「人と人同士というものは ある時のある瞬間に なにげない ありふれた
けれどその二人にとっては重要な いくつかの会話を交わすものだ
その会話によってその二人が お互いみつけがたい ある特別な者同士ということが
ハッとわかるような 非常に 他からみるとありふれた 
とるにたりない ひとつの 会話ではあるが」
「悲しがる君の瞳」(単行本)
「悲しがる君の瞳」(単行本)1990.10.25  角川書店
「月刊カドカワ」連載分を含むイラスト詩集。
「私たち二人の関係が 私たち二人にしかわからない理由で
 ずっと続いていきますように」