文庫本

1989

「Balance」
「Balance」1989.11.25 角川書店
モノクロの写真詩集。その当時作った同名のプロデュースアルバムの歌詞と、短い文章。
「雪の中に見える夢は何だろう。時が盗む甘い夢は何だろう。
 波の中に見える夢は何だろう。時が許す夢の罪は何だろう。
僕たちは、できるだけ泣かないようにしてきたのに、
あのひと言ですっかりだめになった。」
「POST CARD」
「POST CARD」1989.8.10  角川文庫
ミシン目で切れるようになっているポストカードブック。
今ではもう作れない作りだそうです。
モノクロのスペイン、パリ、イビサ島など。
「ロマンス」
「ロマンス」1989.5.25  角川文庫
詩集。
「ものわかりのいい人ということになってしまって
今では
断片的に かなしいウソつき」

1988

「このワガママな僕たちを」
「このワガママな僕たちを」1988.12.10 角川書店
手描きのイラスト詩集。男の子の詩。
「『無限遠の粉雪』 
純情可憐な支離滅裂 恋をした僕らは
いかなる時も勇敢に をモットーにするのだけど
どういうわけか その瞳に弱く その角度に弱い
恋をしない僕らは 不可解なそれらのくらっとした感傷を
なつかしい気持ちでながめるけど 
実は 大きなことは何も言えないんだ 
責めるならハートを」
「青い玉」
「青い玉」1988.12.1 カドカワグリーティングブック
グリーティングのための封筒付きの薄い本。
カードのように本を贈る、というものでした。
青い玉をさがす少年の話。
「でも 多くの人々が求めるものの中に 僕の求めるものがなかったとしても
僕は僕にとって大切なものを忘れてはいけないと思った
彼らにまどわされてはいけない みんなそれぞれ違うのだから
人の基準を自分にあてはめてはいけない」
「君のそばで会おう」
「君のそばで会おう」1988.10.10 角川書店
風景写真と詩。
「すこし遅れた時に私が あなたをつめたいと思い
 すこし遅れた時にあなたが 私を気紛れだと言った
私たちは結ばれない恋だった それをどうすることもできなかった」
「あの空は夏の中」
「あの空は夏の中」1988.9.25 角川文庫
写真詩集。モデルは弟と妹。撮影場所は房総や戦場ヶ原。
「恋人同士の会話にはムダなものはひとつもない」
「私たちは別れがつらくなりすぎないように つとめて明るくふるまった」 
「波間のこぶた」
「波間のこぶた」1988.8.25 角川文庫
こぶたのイラストストーリー。
「ねえちゃん。この、上からふってくるみずは、なんだ?」
「あめよ」
「あめ・・」
「Go Go Heavenの勇気」
「Go Go Heavenの勇気」1988.7.25 角川文庫
たくさんの友だちと、その当時書いた映画のシナリオの中のセリフ。
「時代に道を教えてあげよう 時代が君に近づくように」
「LESSON」
「LESSON」1988.4.25 角川文庫
少年の写真と詩。
「僕の目を 見ないでね 夢が見えるから 見えて こわいから」

1987

「わかりやすい恋」
「わかりやすい恋」1987.12.18 角川文庫
少女の写真と詩。
北海道の稚内や礼文島で撮りました。
「海をみたいと出かけても ずっと うつむいているような人だった」

1986

「これもすべて同じ一日」
「これもすべて同じ一日」1986.12.18 角川文庫
写真詩集。小さな写真と詩で構成された記念すべき最初の一冊。
その時にやりたかったことを全部やりました。
「ぼくはもう 学校にも月にも帰りたくないんだ。」

 

単行本

「微笑みながら消えていく」(単行本)
「微笑みながら消えていく」(単行本)1989.11.25 角川書店
写真と詩による単行本。
「パッと笑って 飛びたつ鳥のように
サッとはじまり サッと終わる
なんてことない人生 素敵な僕ら」
「月夜にひろった氷」(単行本)
「月夜にひろった氷」(単行本)1987.12.10 河出書房新社
―ポケットの中で星が揺れたので この恋は あきらめようと思ったー
静かな詩集。
「私たちは冷静になって この風の中へ身を任せましょう
 心というものは本当はあやふやなものではなく
 もっと強いものだということを 思い出しましょう」
「サリサリくん」(単行本)
「サリサリくん」(単行本)1986.11.30 河出書房新社
すべて手描きの絵本。好きです。
 「ぼくらはやっぱり、
おたがいのこころ以外のものをつかってしあわせになっても、
 それはほんとうのしあわせじゃないんだね」
「無辺世界」(単行本)
「無辺世界」(単行本)1986.6.25 河出書房新社
詩と物語による安らかで不思議な世界。

「超えられないなら くぐっておいで」
「黄昏国」(単行本)
「黄昏国」(単行本)1985.8.25  河出書房新社
詩とイラストによる第一詩集。

「あの時 君がボクに与えたと思ってるものを
あの時 実はボクは 受けとらなかったんだ」